ポスターの入稿データのチェックリスト

スポンサーリンク

ポスターを自作してから印刷会社に入稿する手前で必ず必要になるのが、「入稿データのチェック」です。入稿して刷ってしまってからでは後戻りできませんので、不備がないよう必ず抜け漏れがないようにチェックしましょう。

1 サイズ

ポスターの制作サイズは合っていますか?
A4サイズであれば「297×210mm」など、かならず数字のチェックをしましょう。

2 塗り足し

・ポスターサイズの外側3mmが「塗り足し」になっていますか
・トンボ(トリムマーク)で断裁線がわかるようになっているか
例えばA4「297×210mm」であれば上下左右に3mmプラスして「303×216mm」が塗り足しラインになります。

3 アウトライン

文字にアウトラインはかかっていますか?必ず全ての文字がアウトラインになるよう「Ctrl+A」で全選択をし「アウトラインを作成」をしましょう。

4 色の設定

・カラーモードがCMYKになっているか
・RGBカラーが使われていないか
・特色を使う場合は印刷会社に必ず伝えてから入稿作業に入りましょう。

上記を確認しましょう。

5 レイヤーの結合

レイヤーが複数になっている場合は、すべてのレイヤーを結合しましょう。

6 バージョン

印刷会社により、バージョンを指定する場合があります。
CS6で作っていても、CS4に落として保存するなどの作業が必要になりますので確認しましょう。

7 余計なオブジェクトの確認

余計な点や画像、印刷範囲外のオブジェクトなどがないかチェックをしましょう。

8 罫線

・0.3pt未満の罫線はうまく印刷されない場合があるので注意しましょう。
・罫線の「塗り」に色が入っていないか確認しましょう。かならず「線」に色を入れてください。

9 画像

・画像はCMYKモードになっている
・推奨解像度の300〜350dpiになっているか
・保存形式がeps(もしくはtiff、PSD)になっているか
・画像の名前が長すぎないか、記号などの特殊文字が使われていないか

上記を確認しましょう。

10 画像ファイル

・画像のリンクファイルには不要な画像が入っていないか
・ファイル名が長すぎないか、記号などの特殊文字が使われていないか
・データのリンク先が必ずそのファイルになっているか

上記を確認しましょう。

11 ロック

全ての確認が終わったら「Ctrl+A」で全選択をし、オブジェクトから「ロック」をしましょう。
ロックがされていないと、印刷会社にてデータを扱う際に位置がずれてしまったりなどのミスが起こりえます。


ここで挙げたものはあくまで基本的なルールです。

ポスターの仕上げによって確認するべきことが増えたり、印刷会社によって独自のルールがありますので、必ず確認をして入稿作業に入りましょう。


スポンサーリンク

posted by pstman at 15:41 | ポスター作成自作編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。