売れるチラシデザインをできるのは誰?実は自分でやるのが打率が良い。

スポンサーリンク

今回はHowtoとはずれるかもしれませんが、「売れるチラシデザイン」というのは一体だれができるのかという事です。チラシやポスターを作る時は当然レスポンスが欲しくて実施するわけですが、デザイナーはデザインのプロ、それにコンサルタントまで雇う余力はないよという人がほとんどだと思います。

では、どうやって売れるデザインに到達するか。

自分の中に答えはある
ちょっと怪しい言い回しですが、成果に拘るのであれば内容は自分で考えるのが得策です。間違ってもデザインとか分からないのでデザイナーさんに任せますわというのは辞めた方が良いでしょう。

ここで大切なのはデザインではなく売れるかどうかなのですから、デザイナーよりあなたが詳しいのです。デザイン作業はお願いするにしても内容はすべて自分が責任を持って進めるという気概で取り組むと良い結果になりやすいです。

ツールは営業マンそのもの-成長させよ
最近はウェブマーケティングが主流ですからコンバージョンという言葉を良く聞きますが、そのクリエイティブの打率はどうなのか常に検証していきましょう。作っておしまいではなく「売れるデザイン」を見つけるためには検証、修正を繰り返していくほかに方法はありません。
ちなみにコンサルタントにお願いしても「絶対にあたる方法は無いので効率よく検証していきましょう」となることがほとんどです。

アートではないことを理解する
ポスターやチラシをデザインしているとたまにアートの道でも進んでいるかのような錯覚を起こす方がいます。内製していようが外注していようがこれは問題です。あくまで何かの活動、主にビジネスだと思いますが、時間という制限があってやっていることがほとんどです。もっとこういうパターンも見ておかないとという貪欲さは必要ですが、ビジネスであれば時間も考慮していくことが必要です。
それこそ、50年かけて良いのであれば数百案でも検証すればよろしいですが、

今回言っておきたかったのは、内製、外注いずれにしても他人事にはならないという事です。適当に賑やかしのポスターでもあれば良いのであれば別ですが、成果を求めるのであれば当事者である「あなた」が一番の高打率バッターなのです。そこまで考えると自分でデザインまでをやるというのもひとつの選択肢として検討できるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

【ポスターの作り方サイトTOPへ戻る】
posted by pstman at 20:14 | ポスター作成自作編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。