ポスター作成を外注する際に知っておきたい事|問合せから見積もりまでの注意点

スポンサーリンク

はじめに
今回は、ポスター作成・制作を外注する際に知っておきたい事です。間違っても外注するのだからあとはプロにお任せというスタンスではいけないという事を知ってもらいたいと思います。

特に近年、目覚ましい成長を続けているクラウドソーシングなどを利用する際には別途注意しておいたほうが良い事もあります。外注するという事は自分とデザイナーとの共同作業となりますので最低限のマナー・知識は知っておきましょう。

問い合わせから見積もりまで
まずはデザイナーを探して問合せをする必要があります。インターネットがあれば大抵すぐに見つけることはできるでしょう。しかし、誰に頼んだら良いのか・・ここが課題です。

「ポスター デザイン」「チラシ デザイン」などと検索して検索結果の上位に出てきた会社であれば大抵、実績・実力は問題ないと思います。次にデザインの依頼を直接会って行いたいのか、メールだけで済ませたいのかを考えましょう。

スポンサーリンク




どういったポスターを作るのかにもよりますが、できることならデザイナーと直接話ができるほうが良いものになることが多いと思います。このインターネット時代にそういった事は必要ないとお考えでしたら、問題ないのですが、どうしても会いたい場合は「ポスター デザイン 自分のいる場所の地名」で検索してみると良いと思います。

デザイナーやデザイン会社のホームページをいくつかみてみると得意なデザインの傾向が分かると思います。ここまで調査が出来れば実際に問合せをしてみましょう。

問い合わせはメールでも電話でも良いと思いますが、まずは見積もりの依頼から始まります。どういった内容の業務で希望している内容、レイアウト、サイズなどを伝えていきます。また、完成までの期間も伝える事が多いと思います。他にもデザイナーによっては効いてくることもあると思いますが、イメージに近い作品や色の好みなどになると思います。

伝えきったら見積もりを待ちましょう。A3サイズのポスターデザイン1種程度であればその場で概算の費用は教えてくれると思います。概算になってしまうのは、修正の回数などが作業前には見えないのでそれによっては若干変動してしまうからです。

実際に見積もりを聞いて問題ないようでしたら作業の正式依頼となります。

次回はこの続きを書いてみたいと思います。ではでは。


スポンサーリンク

【ポスターの作り方サイトTOPへ戻る】
posted by pstman at 20:24 | ポスター作成外注編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。